Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

バイナリーでエンジョイ生活

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

09
2017  13:35:23

エンベロープ

こんにちは

マイです

バイナリーオプション今日は6戦5勝で20万近く勝ちました

14116.jpg




今日はセリーヌのラゲージ買いました

とても可愛くて前から欲しかったやつです


4854512451 (1)



ではでは今日はエンベロープについて勉強したいと思います



●エンベロープを活用した逆張りで利ざやを取る

・そもそもエンベロープって何?

エンベロープはテクニカル指標で、ボリンジャーバンドと見た目も使い方もよく似ています

この指標は移動平均線を使い、移動平均線から上下に一定の値を乖離させたエンベロープと呼ばれる補助線で

現在の相場の移動平均線に対する乖離具合を確認します

つまり価格が移動平均線からどの程度離れたのかを見るために用いる指標です

15-img01.gif


価格が上側のラインに接近もしくは到達したら反転して下降トレンドになる可能性が高く、要するに買われすぎを示しています

このときは売りのサインと受け取り、その対応をするシグナルになるわけです

逆に価格が下側のラインに接近もしくは到達した場合では反転して上昇トレンドになる可能性が出てきます

つまり売られすぎなので、これは買いのシグナルと判断するわけです



このように一般的な通常相場ではエンベロープに触れると反転しますが

トレンドが強いとエンベロープに沿って移動するので、そのへんはしっかりと見極める必要があります



・エンベロープとボリンジャーバンドはどう違うのか?

エンベロープとボリンジャーバンドは移動平均線を用いて乖離幅を確認するという点では似てる指標です

しかしボリンジャーバンドの上下の補助線は標準偏差を使って算出されるので

価格変動が大きいとバンドの幅が広がり変動が小さくなると幅が縮まるなど相場の変動に伴ってバンド幅に動きが出ます

エンベロープは平均値に対して一定幅のラインが引かれるので、ほぼ等間隔で推移します

ですので、より乖離具合が視覚的に確認することができるようになります



●バイナリーオプションにおいてエンベロープの正しい利用方法

・ローソク足でポイントを確認する

エンベロープの一般的な使い方は通常相場においての特性を活かした手法になります

移動平均線から乖離した相場はエンベロープに触れると反転して移動平均線に戻っていくので

上昇相場にしろ下降相場にしろ反転のポイントを見極めることが可能です

つまりボリンジャーバンドと同様にエンベロープは逆張りに向いたテクニカル指標といえます


テクニカル指標はいくつか組み合わせて使うのが一般的ですが、エンベロープではローソク足と併用して使うことが多いです

ローソク足が上側のエンベロープに接近するか触れると買われすぎを表しており

ローソク足が下側のエンベロープに接近するか触れると逆に売られすぎということになります

そして、それらの直後には相場が反転する可能性が高くなります


・購入タイミングのシグナルとなるサイン

バイナリーオプションではエンベロープを利用するときは逆張りでトレンドの反転のタイミングを待つのが最も効果的です

乖離率は任意で設定が可能です

基本的には15分足のローソク足で90%程がエンベロープ内に収まるように設定するとより分析がしやすくなります

偏差設定の場合においては偏差0.34程度に設定すれば大丈夫です



購入のタイミングですが、まずは上昇トレンドではローソク足の上ひげがエンベロープの上側のラインを超えたときに購入します

反対に下降トレンドの場合ではローソク足の下ひげがエンベロープの下側のラインを越えたときが購入のサインとなります

要するに上昇トレンドでは高いタイミング、下降トレンドでは安いタイミングで購入するように心がければ的中率も高くなります



ただ注意したいのがセオリー通りに相場が動かず予想に反してトレンドが反転しない場合も起こります

いわゆる「だまし」です。トレンドが強い場合エンベロープに沿って平均線が動いていくことも起こります

そういったときは少し時間を置いてから再度チケットを購入することです


しかし再購入は多くても3回を限度としましょう。それ以上購入は損失を大きくするだけなのでよくないです

一回目の購入価格まで相場が戻ってきたら再購入の必要はありません



●ローソク足の期間を変えればエンベロープの精度が上がる

先ほどオススメのエンベロープ設定としてローソク足の15分を紹介しましたが

これを1時間足にすると、より精度が上がって確実性が増すことになります

1時間足にすれば15分足で起こった細かい動きが吸収され、より実態に近い動きになるからです



しかしデメリットもあります。購入タイミングはローソク足のひげがエンベロープを超えたときでしたが

ローソク足を長くするとそのタイミングがかなり減ってしまうことになります

取引回数が確実に少なくなるので資金の回転率も悪化してしまします

どちらを取るかはトレーダーの投資スタイルによります



以上はエンベロープでした



マイのシグナル配信でトレードする方は憶えなくていいですが

自分で個人的にトレードしていく方は是非憶えてください


マイは勝率8割のツールを使い、そのツールのシグナルでトレードしたりレクチャーしたりしてるので

あまりテクニカル分析はしないので興味ある方だけ憶えてください


マイのレクチャーはマイの指示に従いハイやローのボタンをタッチするだけで簡単だと思います

勝率も8割あるので安心してトレードできると思います


レクチャー生、まだ募集してるのでバイナリーで稼ぎたいという方は遠慮なくLineにメッセージください♪

口座開設から実際の取引の仕方や取引の指示もLineで教えます(o^∇^o)ノ



出会い目的のLineへのメッセージはお断りします<(_ _*)>

LINE ID: mai1008ee


過去の記事

・バイナリーオプションってどんなものなの①

・バイナリーオプションってどんなものなの②

・バイナリーのレクチャー

・バイナリーについての質問

・バイナリーをするメリット・デメリット

・レクチャーの条件

・取引の仕組み

・レクチャーの様子

・ツール

・無料で教える理由

・80万達成したレクチャー生


テクニカル分析の記事

・自己裁量取引の基本

・ローソク足

・移動平均線

・ストキャスティクス

・一目均衡表

・パラボリック

・ヘッド・ンド・ショルダー

・ダブルトップ・ダブルボトム

・トリプルトップ・トリプルボトム

・ボリンジャーバンド

・MACD

・RSI






スポンサーサイト

 未分類

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。